人気ブログランキング | 話題のタグを見る

sabita

sabita.exblog.jp
ブログトップ
2022年 09月 03日

quitan POP UP STORE in Sabita 22 Additional Collection –“Dialogue”


quitan POP UP STORE in Sabita 22 Additional Collection –“Dialogue”_b0318937_14431315.jpg

2021年春に『quitan(キタン)』というブランドが生まれました。
世界中の民族とその暮らしの工夫からヒントを得てものづくりを考える、ユニセックスのブランドです。
このたびSabitaにてPOP UP STOREを開催いたします。
秋冬アイテムを中心にご紹介いたします。
ご来店をお待ちしております。

2022年9月23日(金祝)~26日(月)
12:00~17:00(最終日16:00まで)

24日・25日はデザイナーの宮田・ヴィクトリア・紗枝さんが在店されます。

※会期中は予約不要でご来店いただけますが、店内の状況により入店人数に制限を設けることがございます。予めご了承ください。

【五風十雨 in Sabita CAFE】
今回、quitanのデザイナー宮田さんと親しい五風十雨さんに、24日・25日の二日間、Sabita CAFEにて特別メニューを作っていただきます。
こちらも合わせてお楽しみください。
※詳細は別途お知らせいたします。

quitan POP UP STORE in Sabita 22 Additional Collection –“Dialogue”_b0318937_14430331.jpg
quitan POP UP STORE in Sabita 22 Additional Collection –“Dialogue”_b0318937_14430844.jpg

-今回のコレクションについて quitanより-

中世の吟遊詩人や十字軍、長い道のりを旅する遊牧民たちは、その旅の道々で思考を持ち込み、旋律を運び、また色や紋様を持ち出し知らず知らずに交換してきたのかもしれません。
旅立ち前夜を考えた22年春夏のつづきであるAdditional Collectionでは、様々な「ダイアローグ(対話)」を検討しました。

プラトン中後期の対話篇で知識についてのソクラテスと少年テアイテトスの対話。
般若心経でのお釈迦様が舎利子へ説いた、"空"の思想。
ダイアローグとは、時にひとつの声よりもその意図や思考を明瞭に浮き立たせます。

本コレクションは、「ダイアローグ(対話)」を重ね、イメージを交換しながら「往復書簡」のように、人の手による(=作家的)工程と機械/デジタルな(=量産的)工程とを行き来しながら取り組みました。
そして、この対話による検証から見えてきた輪郭は「適量で循環する生産」という考え方でした。
適量で向き合うものづくりを通してポジティブな循環の一部となることがquitanの新たな目標です。

A “What can we see on earth ? (何が見える?)”
B “You might find blacks and whites … and reds. (たくさんの黒と白…それから赤も。)”


quitan (綺(ki)/譚(tan))
quitanは、“文化の交歓(=bricolage)”を合言葉に長年にわたって受け継がれてきた美しいものづくりや手仕事を適材適所に捉え、点と点とを線に結ぶように、始末よいものづくりを目指しています。







by sabita_sabitacafe | 2022-09-03 12:14 | サビタ・サビタカフェ


<< yumiko iihoshi ...      ARTS&SCIENCE 入荷... >>